ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ゼヴァリン®イットリウム(90Y)静注用セット

ゼヴァリン®イットリウム(90Y)静注用セット
■イットリウム(90Y)から放射されるβ線は、近傍の腫瘍細胞にも照射されるため、大きな腫瘍や血管分布の少ない腫瘍にもダメージを与えます。
■ゼヴァリンインジウムで適格と診断された場合に用います。
効能・効果
CD20 陽性の再発または難治性の下記疾患
低悪性度B 細胞性非ホジキンリンパ腫、マントル細胞リンパ腫
用法・用量
通常、成人には、リツキシマブ(遺伝子組換え)を点滴静注後、速やかに、イットリウムゼヴァリンを14.8MBq/kg(最大1184MBq)を10分間かけて静脈内投与する。また、患者の状態に応じて11.1MBq/kg に減量する。
組成
1セットは下記の組合せよりなる。
1セット中
名称
容量
1バイアル中の成分含量
イブリツモマブ チウキセタン溶液 *1
2mL
有効成分
イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)
3.2mg
添加物
塩化ナトリウム
17.6mg
注射液調製用酢酸ナトリウム溶液
2mL
添加物
酢酸ナトリウム水和物
13.6mg
注射液調製用緩衝液
10mL
添加物
人血清アルブミン
749.7mg
塩化ナトリウム
75.6mg
リン酸水素ナトリウム水和物
27.5mg
ジエチレントリアミン五酢酸
4.0mg
リン酸二水素カリウム
1.9mg
塩化カリウム
1.9mg
pH調整剤(水酸化ナトリウム,塩酸)
適量
注射液調製用無菌バイアル
内容物を含まない無菌のガラスバイアル(10mL)
放射性医薬品基準塩化イットリウム(90Y)溶液
1mL
有効成分
塩化イットリウム(90Y)
1850MBq
(検定日時)
添加物
pH調整剤(塩酸)
適量
*1 本品はチャイニーズハムスター卵巣細胞を用いて製造される。製造工程において、培地成分としてヒトインスリン(遺伝子組換え)、精製カラムの充填剤としてプロテインA(遺伝子組換え)を使用している。
貯法
凍結を避け冷所(2~8℃)に遮光保存
有効期間
製造日から7日間
包装
1セット
適用上の注意
本品は、標識作業を開始する前に常温にもどし、すべてのバイアルのゴム栓をアルコールまたは適切な消毒液を含む脱脂綿などで拭く。減衰表および表示された検定日時における放射能から、塩化イットリウム(90Y)溶液の放射能濃度(MBq/mL)を算出し、1,500MBq となる溶液量を求める。
詳細は添付文書をご参照ください。
基本情報

薬品名:ゼヴァリン®イットリウム(90Y)静注用セット

承認年月日:2008年1月25日

承認番号:22000AMX00027

再審査結果公表年月:該当しない

薬価基準収載医薬品コード:4291414G1020

包装単位:1セット

製造販売元(輸入):ムンディファーマ株式会社

添付文書(PDF:599KB)
サポート情報
ゼヴァリン®検定日表
ゼヴァリン®購入の手続き

お問い合わせについて
製品のお問い合わせは、富士フイルムRIファーマ(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)より、お問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

富士フイルムRIファーマ(株)
製品情報センター
フリーダイヤル:
0120-502-620
■受付時間
8:45~17:30(土曜・日曜・祝日除く)
※フリーダイヤルをご利用いただけない場合は
03-5250-2620

Webからのお問い合わせ

この製品についてのお問い合わせ

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る