ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

オクトレオスキャン®静注用セット

オクトレオスキャン®静注用セット
■神経内分泌腫瘍の局在および転移診断ができます。
■ソマトスタチン受容体の発現状況を画像化します。
放射性医薬品基準
インジウムペンテトレオチド(111In)注射液 調製用
効能・効果
神経内分泌腫瘍の診断におけるソマトスタチン受容体シンチグラフィ
〈効能又は効果に関連する使用上の注意〉
神経内分泌腫瘍(NET)であってもソマトスタチン受容体(SSTR)を発現していない場合は検出できないことに留意すること。また、インスリノーマについてはSSTRの発現が他のNETに比べて少ないため、本剤により検出できない場合があることに留意すること。
用法・用量
  1. インジウムペンテトレオチド(111In)注射液の調製
    バイアルAの全量をバイアルBに加えて振り混ぜた後、常温で30分間放置する。
  2. ソマトスタチン受容体シンチグラフィ
    通常、成人には本品111MBqを静脈内投与し、4時間後及び24時間後にガンマカメラを用いてシンチグラムを得る。必要に応じて、48時間後にもシンチグラムを得る。投与量は、患者の状態により適宜増減する。
    必要に応じて、断層像を追加する。
組成・性状
本品はバイアルA及びバイアルBの2バイアルにて構成される。
バイアルA:放射性医薬品基準塩化インジウム(111In)溶液(ベンテトレオチド用)
容量
1.1mL
塩化インジウム(111In)
122MBq (検定日時)
添加物
塩化第二鉄
4 ~ 8μg
塩酸
適量
外観
無色澄明の液
バイアルB:注射用ベンテトレオチド
ベンテトレオチド
10μg
添加物
ゲンチジン酸
2mg
クエン酸ナトリウム水和物
5.6mg
クエン酸水和物
0.04mg
イノシトール
10mg
外観
白色の粉末又は塊
調整後注射液
インジウムベンテトレオチド(111In)注射液
外観
無色澄明の液
pH
3.0 ~ 5.0
浸透圧比(生理食塩液に対する比)
約0.6
貯法
  1. 遮光・2~8℃保存
  2. 放射線を安全に遮蔽できる貯蔵設備(貯蔵箱)に保存
有効期間
検定日時から24時間
包装
1セット
詳細は添付文書をご参照ください。
基本情報

薬品名:オクトレオスキャン®静注用セット

承認年月日:2015年11月

承認番号:22700AMX01025

再審査結果公表年月:――――

薬価基準収載医薬品コード:4300452G1026

包装単位:

セット

インタビューフォーム(PDF:2.12MB)
添付文書情報(HTML)
添付文書(PDF:399KB)
製品情報概要(PDF:2.56MB)
サポート情報
検定日表
購入の手続き

お問い合わせについて
製品のお問い合わせは、富士フイルムRIファーマ(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)より、お問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

富士フイルムRIファーマ(株)
製品情報センター
フリーダイヤル:
0120-502-620
■受付時間
8:45~17:30(土曜・日曜・祝日除く)
※フリーダイヤルをご利用いただけない場合は
03-5250-2620

Webからのお問い合わせ

この製品についてのお問い合わせ

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る