ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ミオMIBG®-I123注射液

ミオMIBG®-I123注射液
■心臓交感神経の画像化をすることができます。
■定量評価をすることができます。
■心不全、虚血性心疾患、糖尿病性心筋障害の診断ができます。
■神経芽腫、褐色細胞腫の診断の効能・効果が追加されました。
■123I標識により、画質が向上し、被曝が低減されます。
放射性医薬品基準
3-ヨードベンジルグアニジン(123I)注射液
効能・効果
  1. 心シンチグラフィによる心臓疾患の診断
  2. 腫瘍シンチグラフィによる下記疾患の診断
    神経芽腫,褐色細胞腫
用法・用量
  1. 心シンチグラフィ
    111MBqを静脈より投与し、約15分後以降に心シンチグラムを得る。
    必要に応じて、3~6時間後の心シンチグラムを得る。
  2. 腫瘍シンチグラフィ
    1. 神経芽腫
      小児には200~400MBq/1.7平方メートル(体表面積)を静脈より投与し、6時間後および24時間後に腫瘍シンチグラムを得る。
      必要に応じて、48時間後の腫瘍シンチグラムを得る。
      成人には200~400MBqを投与する。
    2. 褐色細胞腫
      111MBqを静脈より投与し、24時間後にガンマカメラを用いて腫瘍シンチグラムを得る。
      必要に応じて、6時間後および48時間後の腫瘍シンチグラムを得る。なお、投与量は、222MBqを上限とする。
組成
3-ヨードベンジルグアニジン(123I)放射能として
(検定日時)111MBq/シリンジ
貯法
室温保存/放射線を安全に遮蔽できる貯蔵設備(貯蔵箱)に保存
有効期間
検定日時から10時間
包装
シリンジ:111MBq/1.5mL
詳細は添付文書をご参照ください。
基本情報

薬品名:ミオMIBG®-I123注射液

承認年月日:1992年10月2日

承認番号:20400AMZ01122

再審査結果公表年月:2001年12月

薬価基準収載医薬品コード:4300437 A 1029

包装単位:111MBq

添付文書情報(HTML)
添付文書(PDF:924KB)
サポート情報
検定日表
購入の手続き

お問い合わせについて
製品のお問い合わせは、富士フイルムRIファーマ(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)より、お問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

富士フイルムRIファーマ(株)
製品情報センター
フリーダイヤル:
0120-502-620
■受付時間
8:45~17:30(土曜・日曜・祝日除く)
※フリーダイヤルをご利用いただけない場合は
03-5250-2620

Webからのお問い合わせ

この製品についてのお問い合わせ

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る