ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ウルトラテクネカウ®

ウルトラテクネカウ®
■10種類の包装があります。
■各種標識キットと組合せて使用できます。
放射性医薬品基準
過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液ジェネレータ
効能・効果
  1. 脳腫瘍および脳血管障害の診断
  2. 甲状腺疾患の診断
  3. 唾液腺疾患の診断
  4. 異所性胃粘膜疾患の診断
  5. 医療機器「テクネガス発生装置」との組合せ使用による局所肺換気機能の検査
用法・用量
  1. 脳シンチグラフィ
    74~740MBqを静注し、静注後10~30分までにシンチグラムを得る。
  2. 甲状腺シンチグラフィ/甲状腺摂取率測定
    74~370MBqを静注し、シンチグラムを得る。 同時に投与量のカウントと被検部のカウントの比から甲状腺摂取率を測定する。
    また、7.4~74MBqを静注することにより、甲状腺摂取率のみを 測定することもできる。
  3. 唾液腺シンチグラフィ/RIシアログラフィ
    185~555MBqを静注し、シンチグラムを得る。
    必要に応じて唾液分泌刺激物による負荷を行い、負荷後のシンチグラムを得る。
    また、時間放射能曲線を作成することにより、RIシアログラムを得ることもできる。
  4. 異所性胃粘膜シンチグラフィ
    185~370MBqを静注し、シンチグラムを得る。
  5. 局所肺換気機能の検査
    259~370MBq/0.1mLを、医療機器「テクネガス発生装置」に仕込み、99mTc-超微粒子を発生させる。
    99mTc-超微粒子を吸入させ可能な場合は深呼吸を行わせ、さらに息こらえを行わせる。
    18.5~37MBqを肺内に沈着させ、未沈着の99mTc-超微粒子を 呼出させたのち、肺シンチグラムを得る。
溶出操作手順は添付文書をご参照ください。
組成
  • 過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液ジェネレータ:1個
    (表示された日時においてモリブデン99(99Mo)としてそれぞれ包装の放射能を含む。)
  • 日局生理食塩液:1瓶(200mL)
  • コレクティングバイアル:8バイアル
  • 溶出用注射針:8本
  • 必要時添付/エリューションシールド
  • 必要時添付/溶出用チューブ
貯法
室温保存/放射線を安全に遮蔽できる貯蔵設備(貯蔵箱)に保存
有効期間
検定日から12日間
包装
925MBq、1.85GBq、2.78GBq、3.70GBq、4.63GBq、5.55GBq、7.40GBq、11.1GBq、14.8GBq、18.5GBq
詳細は添付文書をご参照ください。
重量物のため持ち運びには充分注意すること。
基本情報

薬品名:ウルトラテクネカウ®

承認年月日:1973年2月23日

承認番号:(48AM輸)第47号

再審査結果公表年月:――――

薬価基準収載医薬品コード:4300400 X 1029

包装単位:925MBq、1.85、2.78、3.70、4.63、5.55、7.40、11.1、14.8、18.5GBq

インタビューフォーム(PDF:1.15MB)
添付文書情報(HTML)
添付文書(PDF:372KB)
サポート情報
検定日表
購入の手続き

お問い合わせについて
製品のお問い合わせは、富士フイルムRIファーマ(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)より、お問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

富士フイルムRIファーマ(株)
製品情報センター
フリーダイヤル:
0120-502-620
■受付時間
8:45~17:30(土曜・日曜・祝日除く)
※フリーダイヤルをご利用いただけない場合は
03-5250-2620

Webからのお問い合わせ

この製品についてのお問い合わせ

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る