ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ニューロライト®第一

ニューロライト®第一
■脳局所血流分布イメージを固定できます。
■用時調製が可能です。
放射性医薬品基準
[N,N'-エチレンジ-L-システイネート(3-)]オキソテクネチウム(99mTc)、ジエチルエステル注射液調製用
効能・効果
局所脳血流シンチグラフィ
用法・用量
  1. 注射液の調製
    • 過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液ジェネレータの溶出液400~800MBq(3mL以下)をバイアルBに加える。
    • 生理食塩液3.0mLをバイアルAに加えて、内容物を溶かす。
    • バイアルAの溶液1.0mLを直ちにバイアルBに加えて振り混ぜ、室温に30分間静置する。
  2. 調製した注射液400~800MBqを静注し、投与5分以降より脳血流シンチグラムを得る。
組成
  • バイアルA:N,N'-(1,2-エチレン)ビス-L-システインジエチルエステル二塩酸塩(ECD・二塩酸塩)
  • 添加物:塩化第一スズ(二水塩)、エデト酸二ナトリウム(二水塩)、D-マンニトール
  • バイアルB:リン酸二水素ナトリウム(一水塩)、リン酸水素二ナトリウム(七水塩)
貯法
室温保存/調製後は、放射線を安全に遮蔽できる貯蔵設備(貯蔵箱)に保存
有効期間
製造日から18か月
包装
2セット:(A、Bバイアル各2バイアル)
5セット:(A、Bバイアル各5バイアル)
詳細は添付文書をご参照ください。
輸入先:Lantheus Medical Imaging, Inc.(米国)
基本情報

薬品名:ニューロライト®第一

承認年月日:1994年1月19日

承認番号:20600AMY00006

再審査結果公表年月:2004年3月

薬価基準収載医薬品コード:4300443 G 1022

包装単位:2、5セット

添付文書情報(HTML)
添付文書(PDF:292KB)
サポート情報
検定日表
購入の手続き

お問い合わせについて
製品のお問い合わせは、富士フイルムRIファーマ(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)より、お問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

富士フイルムRIファーマ(株)
製品情報センター
フリーダイヤル:
0120-502-620
■受付時間
8:45~17:30(土曜・日曜・祝日除く)
※フリーダイヤルをご利用いただけない場合は
03-5250-2620

Webからのお問い合わせ

この製品についてのお問い合わせ

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る