ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

イオフェタミン(123I)注射液「第一」

イオフェタミン(123I)注射液「第一」
■123I-IMPの後発品です。
■鮮明な脳血流画像を得ることができます。
■3種類の包装があります。
放射性医薬品基準
塩酸N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン(123I)注射液
効能・効果
局所脳血流シンチグラム
用法・用量
37~222MBqを静注し投与15~30分後より脳血流シンチグラムを得る。必要に応じて、局所脳血流量を求める。
組成
塩酸N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン(123I) 放射能として(検定日時)1.0mL中111MBq
貯法
遮光・室温保存/調製後は、放射線を安全に遮蔽できる貯蔵設備(貯蔵箱)に保存
有効期間
検定日時から24時間
包装
シリンジ:111MBq/1.0mL、167MBq/1.5mL、222MBq/2.0mL
詳細は添付文書をご参照ください。
基本情報

薬品名:イオフェタミン(123I)注射液「第一」

承認年月日:2002年3月15日

承認番号:21400AMZ 00390

再審査結果公表年月:2004年9月

薬価基準収載医薬品コード:4300431 A 1030

包装単位:111、167、222MBq

添付文書情報(HTML)
添付文書(PDF:292KB)
サポート情報
検定日表
購入の手続き

お問い合わせについて
製品のお問い合わせは、富士フイルムRIファーマ(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)より、お問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

富士フイルムRIファーマ(株)
製品情報センター
フリーダイヤル:
0120-502-620
■受付時間
8:45~17:30(土曜・日曜・祝日除く)
※フリーダイヤルをご利用いただけない場合は
03-5250-2620

Webからのお問い合わせ

この製品についてのお問い合わせ

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る