ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


医療関係者へのお知らせ

 

ミオ®MIBG-I 123 注射液 包装形態変更のおしらせ

2012年3月7日

富士フイルムRIファーマ株式会社

謹啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。平素は、当社ならびに当社製品につきまして格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。

さて、このたびミオ®MIBG-I 123 注射液を「バイアル包装」から「シリンジ包装」に変更させていただくことになりました。

富士フイルムグループの一員である当社は「環境への取り組み」を重視しており、その一環として廃棄物や術者の被ばく低減を目的に、今回のシリンジ化を進めてきました。

なお、今回は「包装形態」のみの変更であり、製品名をはじめ、効能・効果、用法・用量、薬価基準、JANコードなどの製品コード類等に変更はございません。

今後とも、倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。

謹白

■ ミオ®MIBG-I 123 注射液の包装形態の変更

(旧)111MBq/1.5mL/バイアル  (新)111MBq/1.5mL/シリンジ

■ 変更予定

平成24年4月 初旬より(変更日は、別途ご連絡いたします。)

※ 包装形態の変更後はバイアル製品の製造・出荷はできなくなりますので、ご理解いただきますようお願い申しあげます。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムRIファーマ株式会社 製品情報センター
  • TEL:03-5250-2620
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る