ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


医療関係者へのお知らせ

 

日経メディカル Cancer Review 2011年12月号に
RI標識抗体薬(ゼヴァリン)の有用性が取りあげられました。

2011年12月21日

富士フイルムRIファーマ株式会社

近年、日本人における低悪性度B細胞リンパ腫の有病率が明らかに増加しているなか、R-CHOP療法を凌駕すると期待されるラジオアイソトープ(RI)を標識した抗体薬(ゼヴァリン)について、お二人の権威ある先生が下記のポイントでコメントされていますので、ご一読いただければと存じます。

  • 低悪性度B細胞リンパ腫における抗CD20抗体療法の有効性と限界。
  • リツキシマブ不応例にもイットリウム(90Y)イブリツモマブは有効。
  • 日本の第Ⅱ相試験でもリツキシマブ既治療例における有用性を確認。
  • 米国における初回治療後の地固め療法(FIT)におけるイットリウム(90Y)イブリツモマブの有用性と展望。

※「日経メディカルCancer Review 2011年12月号」 P30-P31より、日経メディカル開発の許可を得て転載しております。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る