ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お客さまへの重要なご連絡

 

原子炉の運転再開とテクネチウム製品供給の今後の見通しについて(ご報告)

核医学検査室責任者 殿

RI検査室責任者 殿

放射性医薬品購入責任者 殿

2010年11月5日

社団法人日本アイソトープ協会

富士フイルムRIファーマ株式会社

日本メジフィジックス株式会社

拝啓 平素より核医学検査・アイソトープ(RI)検査に使用する放射性医薬品の購入、取り扱いにつきまして、格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。また、この度はテクネチウム製品の供給におきまして、長期にわたり多大なるご不便をおかけいたしましたこと、深くお詫び申しあげますとともに、患者さまの検査予約の調整等ご協力いただきましたこと心より感謝申し上げます。

停止しておりましたカナダNRU炉、オランダHFR炉が、8月末から9月中旬にかけて稼働を再開したことにより、10月以降は平常時と同様のテクネチウム製品の供給が出来ることとなりました。

トラブルの期間中に、モリブデンの供給を補ってきたポーランドMARIA炉、チェコLVR-15炉も含め、当面は十分な量が確保されるものと考えております。

現在稼働中の主な99Mo製造原子炉 (OECD/NEA資料より)

原子炉名 設置国 燃料/ターゲット 初臨界年
BR-2 Belgium HEU/HEU 1961
HFR Netherlands LEU/HEU 1961
NRU Canada LEU/HEU 1957
SAFARI-1 South Africa LEU/HEU 1965
OSIRIS France LEU/HEU 1966
OPAL Australia LEU/LEU 2007
MARIA Poland HEU/HEU 1974
LVR-15 Czech Republic HEU/HEU 1957
RA-3 Argentina LEU/LEU 1967

しかしながら、将来にわたり安定供給が約束されているわけではなく、表に示す通り、現在稼働中の主な99Mo製造原子炉は、稼働開始からかなりの年数が経過しているものが多く、新たな供給体制の構築に全力で取り組まなければなりません。

国際的動向といたしましては、OECD/NEAでは、今回の医療危機をふまえて、このような危機が再び起こらないようにするため国際協調のコミュニケーション・システムを作ろうとしています。ヨーロッパではドイツの既存炉FRMIIによる製造や新規原子炉の建設計画を進めており、最大の99Mo消費国である米国ではミズーリー大学MURR炉の改修を進め、自国内での製造に向け準備を進めております。また、カナダでは加速器による製造計画を進めるなど新たな供給体制の構築に向け世界中がスタートしたところです。

アジア、オセアニアにおいては、国内向けに製造していたオーストラリアOPAL炉、インドネシアRSG-GAS炉での増産計画が進められており、中国ではCARR炉による製造の計画が、韓国では新規原子炉の建設による製造の計画が進められています。

一方、我国においても、今後どのように99Moを安定的に確保していくかについては重大な関心事となっているところであり、海外の輸入先の拡大とともに、原料の一部国産化の要望に応えるため日本原子力研究開発機構のJMTR炉による製造を始めとする対策が検討されています。このような状況をまとめるために官民による検討会が内閣府において組織され、その第一回会合が10月6日に開催されたところです。

99Mo原料製造の今後の見通しにつきまして、世界的な動向を説明させていただきました。日本アイソトープ協会、富士フイルムRIファーマ、日本メジフィジックスといたしましては、国内の関係機関と連携しながら99Mo原料を確保しテクネチウム製品の安定供給に向けた取り組みを進めてまいります。短期的には海外の複数サプライヤーからの供給確保、中長期的にはアジア・オセアニアネットワーク構築への参画による供給確保とともに一部国産化の検討を進めていく所存です。

医療機関の皆さまにおかれましては、引き続きご理解を賜りご支援賜わりますようお願い申し上げます。

敬具

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムRIファーマ株式会社 各営業支店
  • 日本メジフィジックス株式会社 各支店・営業所
  • 社団法人日本アイソトープ協会 医薬品・RI部 医薬品・試薬課
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る