ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お客さまへの重要なご連絡

 

原子炉トラブルによるテクネチウム製品の供給状況について

(ご報告)

核医学検査室責任者 殿

RI検査室責任者 殿

放射性医薬品購入責任者 殿

2010年3月3日

社団法人日本アイソトープ協会

富士フイルムRIファーマ株式会社

日本メジフィジックス株式会社

拝啓 平素より核医学検査・アイソトープ(RI)検査に使用する放射性医薬品の購入、取り扱いにつきまして、格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます。また、昨年5月から長期にわたりテクネチウム製品の供給が十分にできず、患者さまの検査予約の制限や検査日程の変更など、診療に際して多大なるご不便をおかけしておりますこと、改めて深くお詫び申しあげます。

Mo-99原料の最大の生産炉であるカナダ原子力公社(AECL)の原子炉(NRU炉)が昨年5月に生じたトラブルのため稼働停止したことに端を発して世界的に放射性医薬品の原料不足が続いておりますが、平成21年8月20日付けの文書にてその当時の状況をご報告いたしました。その後、オランダHFR炉を主力とするヨーロッパと南アフリカ(SAFARI-1炉)からは順調に原料を入手することができ、また限られたMo-99原料の有効利用(例えば出荷直前でのTc-99mの抽出)などの努力により、この3月までは十分ではないものの比較的安定した供給状況を維持してまいりました。原料の入荷数量が少しでも多めのときには、数量制限をしながらも、ジェネレータを供給することもできました。しかしながらカナダNRU炉の復帰が当初の予定より遅れていること、オランダHFR炉が長期の修理のために今年2月に稼働停止したことなどから、4月にはこの半年間と比べてMo-99原料の入手が再び厳しくなると予想されます。現在分かっております関連の原子炉あるいはMo-99原料の生産体制の状況と4月以降当分の間のテクネチウム製品供給予測についてご説明申しあげます。ご理解、ご協力をお願い申しあげるとともに、患者さま、施設内でのご説明にお役立ていただけましたら幸甚です。

<カナダNRU炉>

カナダNRU炉は昨年5月14日に稼働停止以降、重水漏えいの原因となった原子炉容器の腐食などを修繕するための調査・準備が進められ、昨年12月から実際の修理が開始されました。その当時は今年3月までには復帰する予定としておりましたが、腐食箇所の溶接作業に思ったより時間を要し、修理を完了して復帰するのは4月末になるとAECLは最新の発表で報じております。これまでの事例からはNRU炉が復帰すれば比較的早急にMo-99原料製造がおこなわれますので、5月にはNordion社からの入手が可能になるものと期待しております。NRU炉が復帰し、従来通りの数量がNordion社から入手できれば、ほぼ通常通りの供給が可能となります。

<オランダHFR炉>

オランダHFR炉は2月19日から稼働を停止しております。昨年5月にカナダNRU炉の緊急停止に対応してHFR炉は本格的な稼働を再開したのですが、その時点で適切な時期に長期間停止して修理をすることが条件とされておりました。今回の停止は今年8月までの約半年の予定ですが、修理箇所,方法等は確定しておりますので、8月には予定通り復帰するものと考えられております。
ヨーロッパでのMo-99原料製造はHFR炉が主力となっておりますが、ベルギーBR-2炉、フランスOSIRIS炉とも連携をとっております。これらの原子炉は通常時に比べて最大限の増産体制を敷いており、HFR炉が停止してもヨーロッパからの調達量がゼロになるというわけではございません。

<南アフリカSAFARI-1炉>

南アフリカのSAFARI-1炉はカナダNRU炉停止以来、これまでも増産を実施しており、今後さらに増産を進める計画です。今後も順調に入手できるものと考えております。

以上が現在Mo-99原料を製造している世界の主要原子炉ですが、日本の原料入手に関係するその他の原子炉の状況についてご説明いたします。

<ポーランドMARIA炉>

ポーランドMARIA炉で濃縮ウランターゲットの核分裂法による製造が進められております。ポーランドでは大量のMo-99を精製する施設がないため、オランダのCovidien社がMARIA炉と契約を結んで、照射済みターゲットをCovidien社の精製施設に輸送してMo-99原料を製造する計画です。Covidien社は前述のヨーロッパの原子炉で照射したターゲットをMo-99原料に精製して日本にも輸出している会社です。すでに試行は行われ、早ければ4月に本格的製造が行われるものと期待しております。

<オーストラリアOPAL炉>

オーストラリアは昨年7月にOPAL炉でMo原料を製造可能になったと報じた後、輸出できるまでの生産量増加を進めてきました。Mo-99原料精製の工程における技術的あるいは技術者確保等の問題で当初の予定より遅れております。現時点では不安定ながらも、10Ci程度の数量が日本に輸出されております。最新の情報では、ようやく準備も整い、4月からは徐々に製造量を増加して、6月頃には安定した生産体制を目指していると聞いております。当分の間はカナダ、ヨーロッパ、南アフリカ程の生産能力は見込めませんが、たとえ少量であってもできる限り早く安定的に供給してもらえるように交渉を続けております。

この他、インドネシアのRSG-GAS炉でも増産計画が進められております。こちらも現在のところは少量かつ不定期な状況ですが、可能な限りの入手に努めております。

Mo原料の製造、入手状況を説明させていただきました。カナダNRU炉が復旧するまでにはもうしばらく時間がかかること、オランダHFR炉も長期修理のために停止していることから、4月以降はこれまで以上に原料入荷量が不安定になり、テクネチウム製品供給を十分に行えなくなることが予想されます。しかしながらご説明いたしましたように従来の主要原子炉間のバックアップ体制の強化や他の原子炉からの入手もある程度見込めますので、カナダNRU炉の停止直後の南アフリカからの調達だけで賄っておりました昨年6月のような状況には陥らないものと考えております。

長期にわたって大変なご迷惑やご不便をおかけいたしておりますが、引き続き限られたテクネチウム製品の有効利用、代替品のご使用等、ご協力をお願い申しあげます。
具体的なテクネチウム製品の供給状況につきましては判明次第、これまで通り、逐次「緊急連絡」、アイソトープ協会サイトなどにてご連絡申しあげます。また、製品の供給状況に大きな変化や動向などがございましたら、別途このような形でもお知らせいたします。

敬具

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムRIファーマ株式会社 各営業支店
  • 日本メジフィジックス株式会社 各支店・営業所
  • 社団法人日本アイソトープ協会 医薬品・RI部 医薬品・試薬課
  • TEL:03-5395-8034 FAX:0120-012-896
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る