ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

「カーディオライト®注射液 第一」 新包装単位
医薬品製造販売承認取得のお知らせ

2016年7月20日

富士フイルムRIファーマ株式会社

富士フイルムRIファーマ株式会社(本社:東京都中央区/社長:熊野 嘉郎、以下 富士フイルムRIファーマ)は、カーディオライト®注射液 第一の包装単位につきまして、従来の370MBq、600MBq、740MBqサイズに加え、259MBqサイズの医薬品製造販売承認を2016年6月29日に取得いたしましたのでご案内申しあげます。

当社では、本年12月の薬価基準収載に向けて発売準備を進めてまいります。

富士フイルムRIファーマは、カーディオライト®注射液 第一の259MBqサイズを製品ラインアップに加えることで、患者さまに対するより良い診断そして治療に貢献していきます。

<カーディオライト®注射液 第一>について

販売名 カーディオライト®注射液 第一*
承認番号 20500AMZ00154
承認年月日 2016年6月29日
新包装単位 259MBq / 0.86mL / シリンジ
発売時期 平成28年12月予定

1シリンジ中

容 量 0.86mL 1.23mL 2.0mL 2.47mL
ヘキサキス(2-メトキシイソブチルイソニトリル)テクネチウム(99mTc)放射能として(検定日時)
 テトラキス(2-メトキシイソブチルイソニトリル)
 銅(I)四フッ化ホウ酸として
259MBq

0.216mg
370MBq

0.308mg
600MBq

0.5mg
740MBq

0.617mg

太字:新包装単位

* カーディオライト®注射液 第一の効能又は効果:1.心筋血流シンチグラフィによる心臓疾患の診断、2.初回循環時法による心機能の診断、3.副甲状腺シンチグラフィによる副甲状腺機能亢進症における局在診断

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

  • 富士フイルムRIファーマ株式会社 製品情報センター
  • TEL: 0120-502-620 または 03-5250-2620
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る