ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

PET検査にてアミロイドβを可視化する放射性医薬品
「florbetapir(18F)注射液」の共同開発契約を締結

2014年11月4日

富士フイルムRIファーマ株式会社

富士フイルムRIファーマ株式会社(本社:東京都中央区/社長:熊野 嘉郎、以下 富士フイルムRIファーマ)と日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市/代表執行役社長:パトリック・ジョンソン、以下 日本イーライリリー)は、このたび、PET検査にて脳内アミロイドβ(ベータ)プラークを可視化する放射性医薬品「florbetapir(18F)注射液」の、日本国内における共同開発契約を締結しました。

アルツハイマー型認知症(AD)は、アミロイドβというタンパク質の脳内への異常な蓄積が発症原因の一つと考えられています。「florbetapir(18F)注射液」は、脳内のアミロイドβの蓄積を可視化することができ、ADが疑われる認知機能障害を有する患者に対して、診断的評価を補助する目的で使用されます。

富士フイルムRIファーマと日本イーライリリーは、「florbetapir(18F)注射液」の国内での共同開発体制構築により、より多くの医療機関で同剤を使用したアミロイドイメージングが行えるようになることを目指します。高齢化社会の進展に伴って急速に増加している認知症の診断精度向上に貢献できるよう、両社ともに企業努力を重ねてまいります。

※ なお、この共同開発契約とは別に、日本イーライリリーは、サイクロトロンを有する医療機関内にて「florbetapir(18F)注射液」の合成を目的に使用する放射性医薬品合成設備「NEPTIS® plug-01」の医療機器製造販売承認を2014年7月に取得しております。

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

  • 富士フイルムRIファーマ株式会社 製品企画部
  • TEL:03-5250-2618
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る