ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

前立腺癌診断用放射性医薬品「F-1311」の第I相臨床試験を開始

2014年3月17日

富士フイルムRIファーマ株式会社

富士フイルムRIファーマ株式会社は、このたび前立腺癌診断用放射性医薬品として開発中の「F-1311」の国内第I相臨床試験を横浜市立大学附属病院で開始いたしましたので、お知らせいたします。

「F-1311」は、前立腺特異的膜抗原(PSMA)に特異的に結合するようにデザインされた小分子化合物99mTc-MIP-1404を有効成分とし、前立腺癌の検出を目的としたシングルフォトン断層撮影(SPECT 検査)用の新規放射性薬剤です。PSMAの発現は前立腺癌の進展と相関することが報告されており、PSMAは前立腺癌病変の画像化のためのターゲットとして適していると考えられています。

99mTc-MIP-1404は、米国のProgenics Pharmaceuticals社の完全子会社であるMolecular Insight Pharmaceuticals社が開発し、すでに同社の海外での臨床試験の結果から、前立腺癌の原発巣および転移巣に集積することが確認されています。当社は、2012年に同社と99mTc-MIP-1404の導入に関する契約を締結し、日本での開発および販売の独占実施権を取得しています。今後、「F-1311」の開発を進め、前立腺癌の診断のさらなる発展に貢献いたします。

富士フイルムRIファーマ株式会社は、RI診断で培われてきた技術を基に、診断から治療までのシステムサプライヤーとして、信頼される製品と情報を提供することを通じて、医療の発展に寄与してまいります。

プレスリリースは下記のリンクからご覧いただけます。

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

  • 富士フイルムRIファーマ株式会社 開発部
  • TEL:03-5250-2615 FAX:03-5250-2619
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る