ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

「狭心症、心筋梗塞の診断に欠かせない心筋SPECT検査とは?」

日経ビジネス特別版「3大疾病の診断と治療 2008」に
心筋SPECTの有用性が大きく掲載されました。

2008年7月4日

富士フイルムRIファーマ株式会社

日経ビジネス特別版「3大疾病の診断と治療 2008」に心筋SPECTの有用性が掲載されましたので、お知らせいたします。

心筋梗塞、狭心症といった冠動脈疾患の治療法として急増しているのがPCI(冠動脈再建術)。この PCIの適応を判断する検査法として重要視されているのが「心筋SPECT」です。

高齢者に優しい低侵襲のこの検査の特長と有用性について、お二人の権威ある先生が下記のポイントでコメントされていますので、ご一読いただければと存じます。

  • 冠動脈造影検査の推移と限界
  • SPECT検査は診断、治療においてゲートキーパーの役割
  • 将来への期待(MDCTとの融合)
  • SPECT検査は高齢者に優しい低侵襲の検査

※「日経ビジネス」 2008年7月7日特別編集版「3大疾病の診断と治療2008」
  P24-P27「第2章 心筋梗塞・脳卒中の診断と治療」より、日経BP社の許可を得て転載しております。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る